アジア失明予防の会

NPO アジア失明予防の会は、貧困のため十分な眼科治療が受けられず失明の危機に苦しむアジアの人々を救う支援を行っております。


アジア失明予防の会について

アジア諸国、特にベトナムを中心としたインドシナ半島では、眼科医療が充実しておらず、数多くの方々が貧困と失明にあえいでいます。そこで、2003年10月1日にアジアの貧しい国々の人々が、一人でも光をなくさないですむようにと設立されたのが、「NGO アジア失明予防の会」です。
⟩⟩詳細はこちらから

ベトナム医療の現状

なぜ支援が必要なのか、どのような問題があるのか、過去から現在までのベトナムの眼科医療についてのご紹介です。NGO や海外からの協力のもと徐々に改善されてはいますが、まだベトナムの眼科医療には海外からの援助が必要な状態です。
⟩⟩詳細はこちらから

アジアの貧しい国々の人々が一人でも光を失くさなくてすむように。アジア失明予防の会へのご支援はこちらをクリック!