アジア失明予防の会

NPO アジア失明予防の会は、貧困のため十分な眼科治療が受けられず失明の危機に苦しむアジアの人々を救う支援を行っております。

HOME > アジア失明予防の会について

●  よくある質問

Q.「アジア失明予防の会」の会員になるにはどのような手続きが必要ですか?

下のボタンクリックすると表示される「ご入会申込みフォーム」に必要事項をご記入いただき、「ご入会」にチェックが入っていることを確認した上で送信してください。ご記入いただいたメールアドレスに入会案内のメールが自動送信されますので、内容をご確認いただき、残必要事項に回答いただいた上でそのままご返信ください。
後日、こちらから会員のご案内をメールまたは郵送にてお送りいたします。

Q.「アジア失明予防の会」に寄付をするにはどのような手続きが必要ですか?

恐れ入りますが、下記の口座までお振込みをお願いいたします。

なお郵便局をご指定の場合,振込用紙(振込手数料はかかりません)が必要な方はこちらより郵送いたしますので、「ご寄付申込フォーム」からお手続きお願いします。また、寄付していただける方で、お名前をいただける方も同フォームからご入力お願いします。

入力の際必要事項をご記入いただき、「ご寄付」にチェックが入っていることを確認した上で送信してください。ご記入いただいたメールアドレスに寄付のお手続きに関するメールが自動送信されますので、内容をご確認いただき、必要事項にご回答いただいた上でそのままご返信ください。

匿名での寄付をご希望される方は、口座に直接ご入金いただくことで、お受けいたします。(入力フォーム、メール等の個人情報の入力手続きは不要です)

Q.ボランティア活動に参加するにはどうすればよいですか?

こちらをクリックすると表示される入力フォームにお名前とメールアドレスをご記入いただき、さらにコメントに「ボランティア活動に参加」の旨をご記入いただいた上で、「問い合わせ」にチェックが入っていることを確認して送信してください。 後日、こちらからご案内をメールまたは郵送にてお送りいたします。

Q.服部匡志医師が勤務している日本の病院はありますか?

服部医師はベトナムでの活動の傍ら、定期的に帰国して全国7箇所の病院でスポット勤務医として活動資金の工面を行っております。病院の一覧はこちらになります。 各病院のホームページ等も紹介していますので、ご覧ください。

アジアの貧しい国々の人々が一人でも光を失くさなくてすむように。アジア失明予防の会へのご支援はこちらをクリック!