アジア失明予防の会

NPO アジア失明予防の会は、貧困のため十分な眼科治療が受けられず失明の危機に苦しむアジアの人々を救う支援を行っております。

HOME > ベトナム医療の現状

●  ベトナム医療の現状

ベトナムの眼科医療の問題は古くからあり、NGO や海外からの協力のもと徐々に改善されてはいますが、貧しさや医療技術の遅れのため、満足な眼科治療を受け られず失明にいたる患者は後を絶ちません。

1950 年代、ベトナムは、他の発展途上国と同様にトラコーマなど角・結膜疾患で多くの人々が失明し、眼科疾病患者のうち失明にいたるケースが81% を占めていました。
しかし、国家政策の一環として角・結膜疾患治療が重点的にとられたこと、同時に海外NGOの支援等により点眼薬が急速に普及したことで、その疾患は徐々に減少しました。
1980 年代後半からは目覚しい経済発展が行われる中、人々の生活環境が著しく改善され、平均寿命も延びたことから、角・結膜疾患による失明に代わり白内障による失明が増えています。
2007 年の統計ではベトナム全土で両眼失明者が約50 万人、片眼失明者が約80 万人といわれており、その原因の60%(両眼失明では66%)が白内障によるとされています。
現在、ベトナムの眼科医療は発展途上にありますが、近年、都市部の病院では超音波白内障手術や網膜剥離や糖尿病網膜症などの網膜硝子体疾患に対する網膜硝子体手術といった近代的な技術移転がなされており、失明予防に貢献してます。しかし、これらの技術習得には時間を要するために、地方病院では技術を習得している医師がまだまだ足りないのが現状です。白内障の治療方法は、患部を大きく切開する旧来の方法で行われているのが現状であり、治療日数もかかるため未熟な技術から手術中に合併症を起こし失明にいたる患者も少なくなく、失明率の改善が図れない状況にあります。
アジアの貧しい国々の人々が一人でも光を失くさなくてすむように。アジア失明予防の会へのご支援はこちらをクリック!